名古屋Kクリニック

日本初のIGF-1育毛クリニック

  • 医療関係者の皆様へ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • アクセス

フリーダイヤル0120-196-826

カテゴリー

  • お知らせ
  • 脱毛症の種類とその症状、および原因
  • IGF-1育毛の症例写真
  • 「IGF-1育毛」のメカニズム
  • 「IGF-1育毛生活」豆知識
  • よくある質問

お知らせ

2018-05-08

IGF-Iを増やす治療で、血管が増えて、太くなり、睡眠も深くなって、身長が伸びる!

13歳の男性患者様は、来院される1年8ヵ月前に円形脱毛症を発症しました。静岡県にある国立医大の専門医により、皮膚科治療を受けましたが、治らず、ステロイドを大量に投与され、身長の伸びが止まってしまいました。また、甲状腺の自己免疫疾患もあり、甲状腺ホルモン製剤も服用していました。睡眠が浅く、寝言も多いようでした。結局、皮膚科治療が無効で、全身の毛が抜ける、汎発性脱毛にまで悪化しました。IGF-Iを増やす治療を始めると、体にいろいろな変化が起こってきました。まず、眠りが深くなり、寝言がなくなり、1年間で、10cmも身長が伸び、血管(静脈)増えて、太くなってきました。以前は、採血もうまくいかなかったのが、太い静脈が走っているのが、はっきりと確認できるようになりました。治療を始めた当初、皮下出血や鼻血が見られたのですが、これは、おそらく、新しくできた血管が、もろいために、破れていたのでしょう。このように、IGF-Iが増えることで、育毛のみならず、血管の新生や身長の伸びなどが見られました。名古屋Kクリニックの治療で、確かに、IGF-Iが増えることが、確認されたようです。