名古屋Kクリニック

IGF-1理論に基づいた育毛クリニック

  • 医療関係者の皆様へ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • アクセス

フリーダイヤル0120-196-826

カテゴリー

  • お知らせ
  • 脱毛症の種類とその症状、および原因
  • IGF-1育毛の症例写真
  • 「IGF-1育毛」のメカニズム
  • 「IGF-1育毛生活」豆知識
  • よくある質問

お知らせ

2020-07-18

1歳で発症した円形脱毛症の患者様、1年3ヵ月で、完治!

1歳の時、当クリニックに来院される2ヵ月前に、ザイザルなどの脱毛する薬の服用と家族歴(お父様の円形脱毛症の既往)が合いまって円形脱毛症を発症しました。皮膚科治療を受けましたが、もちろん、無効。困り果てて、当クリニックに来院されました。カプセルが、まだ、飲めなかったので、ジヒドロケルセチン(商品名:ラーシュ)とセファランチンの散剤で、IGF-1 を増やす治療を開始すると、治療3ヵ月後に、一時的な、毛の生え変わりが見られましたが(写真)、治療1年2ヵ月後には、ほぼ治癒。薬を減量しても、1年3ヵ月後には、悪化せず(写真)、完治と判断しました。1歳での患者様は、2人目ですが、皮膚科の塗り薬で、様子見では、治るはずもありません。ステロイドの塗り薬を出しっぱなしにされて、一向に治らないと、ご両親は、不安になるばかりでしょう。小さなお子様では、治る力(IGF-1 を増やす力)が強く、カプサイシンを用いなくても、改善することがあります。ステロイドではなく、IGF-1 を増やす治療は、小さなお子様でも、副作用なく、お受けいただけます。円形脱毛症 病院