名古屋Kクリニック

日本初のIGF-1育毛クリニック

  • 医療関係者の皆様へ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • アクセス

フリーダイヤル0120-196-826

カテゴリー

  • お知らせ
  • 脱毛症の種類とその症状、および原因
  • IGF-1育毛の症例写真
  • 「IGF-1育毛」のメカニズム
  • 「IGF-1育毛生活」豆知識
  • よくある質問

お知らせ

2018-07-06

風邪薬PL顆粒1包飲んで、3日後に、もう脱毛!

30代の男性患者様は、円形脱毛症の治療を受けておられました。IGF-Iを増やす治療で、改善していました。しかし、風邪を引いて、のどの痛みと発熱で、耐えられずに、脱毛するかもしれないことを覚悟で、医療機関で処方されたPL顆粒という風邪薬を1包服用しました。この中には、脱毛させる抗ヒスタミン剤が含まれています。この薬を服用されてから、問合せがあったのですが、もう遅かったようです。服用3日後に、脱毛していることが確認されました(写真)。薬についての、問い合わせは円形脱毛症 病院""、服用前にしていただくようにお願い致します。抗ヒスタミン剤は、それ自身が脱毛させるのではなく、円形脱毛症を悪化させるので、薬の服用を中止しても、脱毛は、しばらく続き、数ヶ月に及ぶこともあります。ご注意下さい。