名古屋Kクリニック

日本初のIGF-1育毛クリニック

  • 医療関係者の皆様へ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • アクセス

フリーダイヤル0120-196-826

カテゴリー

  • お知らせ
  • 脱毛症の種類とその症状、および原因
  • IGF-1育毛の症例写真
  • 「IGF-1育毛」のメカニズム
  • 「IGF-1育毛生活」豆知識
  • よくある質問

お知らせ

2018-03-19

ボルタレンとパブロンで発症し、皮膚科治療で悪化した患者様、ウイッグが取れました

関西地方から通院されている70代の女性患者様は、来院2年前に円形脱毛症を発症しました。ボルタレンゲルとパブロンを、よく使用しており、円形脱毛症を発症しました。近所の皮膚科を受診したところ、日本皮膚科学会の円形脱毛症診療ガイドラインに沿って、脱毛する薬(抗ヒスタミン剤)である、ザイザルを処方され、円形脱毛症が悪化しました。困り果てて、名古屋Kクリニックに来院され、IGF-Iをふやす治療で、順調に改善して行きました。しかし、途中で、つい、パブロンを飲んで、一旦、増悪しました。しかし、その後も、IGF-Iを増やす治療を続けられ、治療1年11ヵ月にして(写真)、嫌っていたウイッグを取ることができて、大変うれしそうでした。ウイッグを、大変、嫌がられる方もいます。IGF-Iを増やす治療で、早く、鬱陶しい脱毛症とウイッグから、解放されましょう!円形脱毛症 病院""