名古屋Kクリニック

日本初のIGF-1育毛クリニック

  • 医療関係者の皆様へ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • アクセス

フリーダイヤル0120-196-826

カテゴリー

  • お知らせ
  • 脱毛症の種類とその症状、および原因
  • IGF-1育毛の症例写真
  • 「IGF-1育毛」のメカニズム
  • 「IGF-1育毛生活」豆知識
  • よくある質問

お知らせ

2018-03-10

痛み止め、新セデスG錠で、脱毛!気軽に飲む薬では、ありません。

20代の女性患者様は、仕事が多忙な時期に、サンテFXVプラス(かゆみ止め入り)という目薬を使用して、円形脱毛症を発症しました。皮膚科治療が無効で、名古屋Kクリニックに来院され、IGF-Iを増やす治療により、脱毛部分の周辺から、産毛が生えてきて、改善してきました(写真)。ところが、生理痛で、”痛くなったら、すぐセデス”のキャッチフレーズで、気軽に飲んでしまいそうな、新セデスGを服用して、その1ヵ月後に、円形脱毛症が増悪しました(写真、赤い円内)。しかし、新たにできた円形脱毛症の内部にも、産毛が生えているので、治療により改善しているようです。痛くなったら、アセトアミノフェンのみが入った痛み止めを使って下さい。円形脱毛症 病院"