名古屋Kクリニック

日本初のIGF-1育毛クリニック

  • 医療関係者の皆様へ
  • 資料請求
  • サイトマップ
  • アクセス

フリーダイヤル0120-196-826

カテゴリー

  • お知らせ
  • 脱毛症の種類とその症状、および原因
  • IGF-1育毛の症例写真
  • 「IGF-1育毛」のメカニズム
  • 「IGF-1育毛生活」豆知識
  • よくある質問

お知らせ

2018-03-09

勤務先の病院でもらったかゆみ止めで脱毛。しかし、治療1ヵ月で、もう産毛が!”

20代の男性患者様は、昨年の12月に円形脱毛症を発症しました。その1ヵ月後、頭皮が痒く、勤務先の病院の皮膚科医師から、かゆみ止めであるアタラックスPという薬を処方され、抜け毛が、大量に増えたそうです。朝起きたら、枕に大量の毛が抜けており、見るたびにゾッとしたそうです。すぐに、かゆみ止めを中止してもらって、IGF-Iを増やす治療を開始したところ、1ヵ月で、もう、産毛が生えてきました(写真)。大量の抜け毛を見た時に、やはり、専門のクリニックで見てもらわないとだめだと直感したそうです。その通りです。円形脱毛症 病院""